手当・助成

児童扶養手当

ひとり親世帯の生活の安定を図り、自立を促進するために、父母の離婚、父または母の死亡などによって、父または母と生計を同じくしていない児童がいる場合に支給される手当です。

 

なお、ひとり親世帯の父または母に代わって児童を養育している人や父母がいない児童を養育している人にも手当が支給される場合があります。また、手当は、申請をしなければ受給できません。

 

◆受給要件

次のいずれかに該当する児童は(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある人、障がい児については20歳未満)を監護している父または母、又は母(父)に代わってその児童を養育している人に支給されます。

 

①父母が婚姻(事実婚を含む)を解消した児童

②父または母が死亡した児童

③父または母が法令に定める程度の障がいの状態(年金障がい等級1級程度)

④父または母の生死が明らかでない児童

⑤父または母から1年以上遺棄されている児童

⑥父または母が裁判所からのDV保護命令を受けている児童

⑦父または母が法律により引き続き1年以上拘禁されている児童

⑧母が婚姻によらないで懐胎した児童

 

◆上記の受給要件に該当していても、手当を受給できない人

①婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係(内縁関係など)があるとき

②手当を受けようとする父や母、又は養育者が、日本国内に住所を有しないとき

③対象児童が日本国内に住所を有しないとき

④対象児童が里親に委託されたり、児童福祉施設(母子生活支援施設・保育所・通所施設を除く)や少年院等に入所しているとき 

⑤手当よりも高額な国民年金(老齢福祉年金を除く)、厚生年金、恩給などの公的年金等を受けることができるとき

⑥平成15年4月1日時点において、手当の支給要件に該当してから5年を経過しているとき(母子に限る)

⑦定められた額以上の所得があるとき

 

◆申請手続き

申請の前に、住所地の区役所子育て支援課で、申請に必要な書類など確認を行ってください。

●手当の月額 (平成30年4月分~)8月支給~

 区分 児童1人 児童2人 児童3人
全部支給

42,500円

52,540円

58,560円

 一部支給  10,030円~42,490円 15,050円~52,520円 18,060円~58,530円

※所得に応じて全部支給と一部支給があります。

※所得の状況によって、全額支給されない場合があります。

●所得制限限度額表

扶養親族等の数 受給資格者本人(※を除く) 孤児等の養育者(※)
配偶者
扶養義務者
全部支給 一部支給
0人 190,000 1,920,000 2,360,000
1人 570,000 2,300,000 2,740,000
2人 950,000 2,680,000 3,120,000
3人 1,330,000 3,060,000 3,500,000
以降1人につき 380,000加算 380,000加算 380,000加算

受給資格者および同居の扶養義務者の前年の取得(1月から6月までの間に請求する場合は前々年所得)が、表の限度額以上ある場合は、その年度(8月から翌年の7月まで)は、手当の全部、又は一部が支給停止になります。

◆JR通勤定期乗車券の割引(児童扶養手当受給者世帯を対象)

児童扶養手当受給者世帯は、3割引きでJR通勤定期券を購入できます。

 

●手続き方法

定期券を購入する前に、お住いの区の子育て支援課へ下記のものをお持ちください。「特定資格者証明書」「乗車券購入証明書」を後日、郵送で交付します。交付された証明書等を駅の窓口に提出し、定期券を購入してください。

 

  必要なもの

●定期券を購入する方の写真(最近6か月以内に撮影したもの、正面上半身、縦4cm×横3cm)

●児童扶養手当証書

●印鑑

 

問い合わせ先

●各区 子育て支援課 こども家庭福祉課

  

詳細は問い合わせ一覧をご覧ください。

福岡市立ひとり親家庭支援センター
(指定管理者:特定非営利法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福岡)

〒810-0074 福岡市中央区大手門2丁目5番15号
ひとり親家庭支援センターへのお問合せ:092-715-8805